ただ、君を愛してる スタンダード・エディション |玉木宏・毎日のスペシャルテイストな話題を、多方面から、お届けします。 いろいろな話題性をもったブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ、君を愛してる スタンダード・エディション |玉木宏


ただ、君を愛してる スタンダード・エディションただ、君を愛してる スタンダード・エディション
出演:
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日 2007-03-16


『いま、会いにゆきます』原作者で知られる市川拓司が、広末涼子主演の『恋愛寫眞Collage of Our Life』に触発されて書いた、もうひとつの物語を映画化。主人公ふたりの役名や、写真がつなぐ関係、NYで発覚する真実など、ポイントとなる要素は広末版と同じだが、全体にロマンチックな度合いが高まっている。大学で知り合った誠人と静流は、それぞれが抱えるコンプレックスに惹かれ合うかのように仲良くなる。誠人の趣味であるカメラにも興味を示す静流。やがて、別れ別れになったふたりの運命は、NYでひとつになるのだが…。
前半から織り込まれる6年後のNYの風景、ふたりだけの秘密の森と、映像の雰囲気がいい。玉木宏と宮崎あおいのコンビは役柄のわりに美男美女過ぎるけれど、ふたりのまっすぐな演技に好は感が持てる。大学での友情関係など、ややテレビドラマ風なのも気になるが、クライマックスに向ける流れが鮮やか。1枚の写真が、これほどまでに言い知れない感動を残すことを知らされ、しばし言葉を失う。愛する人が今ここにいなくても、心のなかで一緒にいる――。そんな安らぎと幸福感に包まれたラストシーンが、静かな余韻を残すのだ。(斉藤博昭)

透き通るような青春映画 2007-03-16
 原作を、いま、会いにゆきますが大ヒットした市川拓司が書き昨年度公開した映画がついにDVDになった。

 玉置宏演じる主人公誠人の趣味であるカメラを通じて静流との触れ合いが始まる。キャンパス生活の中で、静流は誠人を好きになり、また誠人は他の子に恋をする。複雑に揺れ動く2人の心を描いた青春映画。



  純粋で心が透き通っているかのような男女を 玉置宏、宮崎あおいが好演しています。見る側にも、2人の想いが伝わってくるようだ。


さらに詳しい情報はコチラ≫




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。